生涯現役のライフスタイル(2) 古本は捨てられない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログを読んで頂き有難うございます

インターネット時代になって調べ事をするのに書籍を書棚から

出すことが少なくなったようです

先ず最初にやることはググることですね

なので インターネット検索でやっていることを整理してみました

インターンネット検索の使い方

1.ニュースや新聞で気にやる言葉や出来事

2.アイデアの閃きあった時の内容初期調査や特許調査

3.忘れていることの記憶再生

4.買い物調査と価格比較

5.取引企業の与信調査

6.新技術動向調査

7.製品の機能調査

8.他社および公的機関の現状調査

9.データベース調査

10.気象情報

11。地図検索

12.交通機関の時刻表

 日常業務の大部分が書籍やファイリングから

 インターネットに置き換わっていることに

 今更ながら驚きである。

書籍を読む機会

1.昔勉強したことのある事柄を想い起すとき

2.原理・原則を整理するとき

3.アイデアの素を探すとき

書籍を開くことは少なくなっているが 

☑過去の経験を辿る手段

☑物事の原理・原則を纏める

☑ある技術を基にしたアイデアを考えるときの起点を導き出す手段として

やっぱり書籍は 記憶構造の中で基本的な部分の役割があると思います

まとめ

昔の生活は本の中で生活するといった環境であったが 

今はパソコン画面の前で殆どのことをやっているので 

どんな書籍がどこにあるのかの記憶さ忘れがちである

対策として 書棚や倉庫に保管している書籍の背表紙を画像にして

パソコンとスマホに保管し 隙間時間には眺めるようにしている

やっぱり過去に苦労して勉強した古本は捨てられない

これからは友人と協力してマイクロライブラリーでも作ろうかと話している

皆さんは古本をどの様に管理・活用されていますか?

最後までお読み頂き有難うございました!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加