MLB ドジャース マエケン明日の試合は?今迄の総括!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知の通り前田健太は、3勝の後、3連敗。

この原因はどこにあるのでしょうか?

私なりに調べて見ました。 明日の先発では必ず勝利してほしいので。

  3連敗の原因分析

1.一番考えられるのは、やはり中4日で先発する影響でしょう

マエケン自身は問題ないと言っていますが、身体のコンディションが

中4日になり切っていないと思います。

中4日の試合は、4月28日のマーリンズ戦は7安打5失点で初黒星で、

5月11日メッツ戦は2本塁打をあびている。

防御率も、中4日のスケジュールで投げた4試合は5.16で、

中5日以上空いた場合だと防御率は0.74と大きな差があります。

2. 捕手との相性によって違いがあります

相手を無失点に抑えてマウンドを譲ったゲームが3試合あるが、

それはいずれも先発マスクをA.J.エリスが被った試合でした。

勝ち星から遠ざかっているここ4試合は、全て先発捕手がヤスマニ・グランダル

エリスの方がリードやインサイドワークなど捕手としての能力はグランダルより

優れています。

マエケンもまだMLBの経験が少ないので、捕手のサインに従うところが

多いと思いますから、エリスと組ませて欲しいです。

投手に2ホーマーを浴びた前回のメッツ戦も、外角一辺倒でタイムリーを許した

グランダルの配球には疑問があります。

勿論、ドジャースも打撃陣が弱いので打撃力のあるグラダルを使いたいでしょうが

今シーズンの打率、本塁打も良くありません。打率0.204、本塁打 3本です。

3. 球種がスライダーに頼り過ぎ

確かに最初の3勝は、スライダーに成功しました。しかし、同じ球種を続ければ

狙われるのは当たり前です。

マエケンの制球力は優れているので、豪速球でなくても十分に勝負できるでしょう。

米国のニュースサイトも、次のように分析しています。

デビューから4戦は全体の約28パーセントがスライダーだったのに対し、

最近4試合は41パーセントにまで上昇している。

特に、下位打線に対する球種を工夫してもらいたところです。

  マエケンの現在までの成績

日時520

    むすび

明日の登板は休養も十分ですから、捕手をエリスにしてくれれば、4勝は

間違いなくいける。

しかし、心配事が一つ、昨日、今日のパドレスとの試合が6-7、2-3で負けており、

ドジャースの調子が今一のところです。

でも、マエケンでパドレスに3連敗は食い止めて欲しいですね。

最後までお読み頂き有難う御座いました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加