イチローのMLB通算3000本安打達成は何時?プレーオフ予想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MLB2016の日程も折り返し点が近くなってきました。7月12日のオールスター戦でレギュラ

シーズンの前期が終了します。

7月1日現在各チームは約80試合を消化し、日本人選手は投手陣、野手陣が各チームで頑張って

います。

その中でも日米での注目点は、なんといってもイチロー選手(マイアミ・マーリンズ)の

MLB通算3000本安打が何時到達できるか予想してみました。

なぜ3000本安打が注目されるのか?

 メジャーリーグには、通算3000本以上の安打を打った選手で構成する、3000本安打クラブ

(3,000 Hit Club)というクラブがあります。達成者は29人。(2015年シーズン終了時)。

一流野手としての偉大な称号の一つとされており、殿堂入りの資格にもなります。

一位はピート・ローズの4256本で、37歳で達成しています。

現役選手では、現在ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス(39歳)の3077本

です。

イチローは現在2986本で30位に位置しており、3000本まであと14本に迫って

います。

イチローは42歳ですが、同じ42歳では既に退団したリッキー・ヘンダーソンがおり、

3055本の記録を残しています。

Sponsored Link

イチローのMLB通算安打3000本達成は何時か?

イチロー選手は、現在ナショナルリーグ 東地区のマイアミ・マーリンズでプレーしており

今シーズンは7/1日現在、79試合中65試合に出場し155打数53安打0.342の打率を残し

好調です。

https://twitter.com/47news/status/748736123589976064

3000本達成には残り12本を打つには何試合が必要かを、今シーズンのデータから予測し

てみます。

安打数/試合数の比例式から計算すると、15試合となりますが、試合出場率は0.81ですから

これを考慮すると約18試合目となります。

試合日程は7/12のオールスター戦前後の休みがあるので、7/24マイアミスタジアムでの

ニューヨーク・メッツ戦が有力となります。

ですが、7/23~31日までは地元マイアミスタジアムなので、移動による疲労も少なく、

声援も多いため、得意のマルチ安打が期待できることから、早まる可能性は大きい。

試合日程 (日本時間)

7月1日 7月2日 7月3日 7月4日 7月5日 7月6日 休み
7月8日 7月9日 7月10日 7月11日 休み 休み 休み
休み 7月16日 7月17日 7月18日 7月19日 7月20日 7月21日
7月22日 7月23日 7月24日 7月25日 7月26日 7月27日 7月28日
7月29日 7月30日 7月31日

プレーオフ出場予想は?

マイアミ・マーリンズはナショナルリーグの東地区に属し、ワシントン・ナショナルズと

接戦を繰り広げており、十分に地区優勝の可能性がある。

MLBのレギュラーシーズンは9月末まで162試合(含むインターリーグ20試合)を戦い、

10月からポストシーズンで3段階のプレーオフが行われる。

地区優勝すれば、2段階からのトーナメントに進めるため、リーグチャンピオン戦進出の

可能性が出てくる。

少し余談になるが、ナショナルリーグ 西地区にはロサンゼルス・ドジャースがおり、日本人

選手では前田健太(マエケン)が投手として活躍している(7勝5敗)。

7月1日現在の順位

ナショナル・リーグ
東地区 W L
ワシントン・ナショナルズ 47 32
ニューヨーク・メッツ 40 37
マイアミ・マーリンズ 41 37
フィラデルフィア・フィリーズ 35 45
アトランタ・ブレーブス 26 52
中地区 W L
シカゴ・カブス 51 26
セントルイス・カージナルス 40 37
ピッツバーグ・パイレーツ 38 41
ミルウォーキー・ブルワーズ 35 42
シンシナティ・レッズ 29 50
西地区 W L
サンフランシス・ジャイアンツ 49 31
ロサンゼルス・ドジャース 43 37
コロラド・ロッキーズ 37 41
アリ・ダイヤモンドバックス 36 45
サンディエゴ・パドレス 33 46

まとめ

イチロー選手のMLB通算3000本安打達成は何時になるのか、7月1日現在までのデータから

予想してみました。順調にいけば7月23日前後に達成できるでしょう。

また、マイアミ・マーリンズのプレーオフ出場も地区優勝が出来れば非常に有利になります。

記録達成と同時にプレーオフでの活躍も楽しみです。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加