カブスはインディアンスと呪いとの戦いを制覇できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MLBワールドシリーズも始まり、対戦チームは前回予想した通り、インディアンスとシカゴ・カブスとなった。初戦はインディアンスの本拠地(プログレッシブ・フィールド)での2試合が行われ1勝1敗で終わった。
cab

ind

次の第3戦は舞台をシカゴ・カブスの本拠地(リグレー・フィールド)に移して行われる。

第1戦は、誰も予測していないインディアンスのペレス選手の2本のホームラン(4打点)の活躍でインディアンスが先勝したが、第2戦はカブスが地力を発揮して勝ち取った。

今後のワールドシリーズの行方をまとめて見ました。

Sponsored Link

 各チームの戦力分析

インディアンスとシカゴ・カブスのチーム力と投手力について比較しました。

<レギュラーシーズンのチーム力>

打率はインディアンスの方がわずかに優れているが、長打力、得点力はカブスが有利にある。

しかし、ホームランバッターは、まだどちらも打っていない。インディアンス第1戦のペレスのホームランは、レギュラーシーズンの成績からみて、ハプニングであったと思われる。

こんな予測しないことが起こるのが、ワールドシリーズなのかも知れない。

インディアンス

インディアンス  [アメリカン・リーグ中地区]
打率.262(3位) 本塁打数185(10位) 打点733(4位)
防御率3.84(2位) 勝利数94(2位) セーブ数37(13位)

シカゴ・カブス

カブス      [ナショナル・リーグ中地区]
打率.256(6位) 本塁打数199(5位) 打点767(2位)
防御率3.15(1位) 勝利数103(1位) セーブ数38(10位)

<レギュラーシーズンの投手力>

投手力は勝率で見ると、シカゴ・カブスが15勝以上が4人揃っていることから、先発投手としては問題ない。一方、インディアンスは、先発の18勝クラスは1人であるが13勝から11勝の投手が3人おり、玉数には困らない。

1,2戦の先発は、両チームとも定石通りエースを投入している。

インディアンス:第1戦;クレバー、第2戦;バウアー

シカゴ・カブス:第1戦;レスター、第2戦;アリエッタ

第3戦は、インディアンス;トムリン   シカゴ・カブス;ヘンドリック

g3

ヘンドリックスは今季、地元で15試合に登板して9勝2敗、防御率1.32の好成績。プレーオフに入ってからも3試合の先発で1勝1敗、防御率1.65と好調を維持している。

第4戦は、インディアンス;サラザール   シカゴ・カブス;ハメル

第5戦以降は移動日の休養から、第1,2戦の投手が先発出来るでしょう。

インディアンス

コリー・クルーバ18勝9敗0S トレバー・バウアー12勝8敗、ジョシュ・トムリン13勝9敗、ダニー・サラザール11勝6敗、カルロス・カラスコ11勝8敗

シカゴ・カブス

ジョン・レスター19勝5敗、ジェーク・アリエッタ18勝8敗、カイル・ヘンドリック16勝8敗、ジェーソン・ハメル15勝10敗 、ジョン・ラッキー11勝8敗

ワールドシリーズ打者成績と注目点

両チーム共、ホームランバッターに当たりが出ていない。今後の試合では、ホームランが勝敗を決めるように思える。(赤字の選手がホームランバッター)

ナショナル・リーグでは指名打者制がないため、1,2戦と異なり指名打者で打撃好調のシュワバーが使えないカブスとしては苦しい。(守備は外野であるが、負傷上がりであるため守備は無理?)その場合は、代打起用の1打席に期待するしかない。

インディアンスも指名打者サンタナを、どの様に使うかがポイントになる。

インディアンス

位置 選手名 打数 安打 打点 得点 四球 三振 犠打 盗塁 打率
(指) サンタナ 4 0 0 0 1 3 0 0 .000
(二) キプニス 9 1 0 1 0 2 0 0 .111
(遊) リンドア 7 3 0 0 1 1 0 0 .429
(一) ナポリ 6 2 0 0 2 2 0 0 .333
(三) ラミレス 7 3 1 0 1 1 0 0 .429
(右) チゼンホール 6 1 0 0 0 1 0 0 .167
打中 デービス 7 1 0 0 0 3 0 0 .143
(左) クリスプ 4 0 0 0 0 1 0 0 .000
(中) ネークイン 2 0 0 0 0 2 0 0 .000
打右 ガイヤー 3 1 1 1 2 0 0 0 .333
(捕) ペレス 7 2 4 2 1 2 0 0 .286
合計 64 14 6 7 9 21 0 0 0.218

シカゴ・カブス 

位置 選手名 打数 安打 打点 得点 四球 三振 犠打 盗塁 打率
(中) ファウラー 9 1 0 0 0 2 0 0 .111
(三) ブライアント 8 1 0 1 1 3 0 0 .125
(一) リゾ 7 1 1 2 2 0 0 0 .143
(左) ゾブリスト 8 5 1 1 1 0 0 0 .625
(指) シュワバー 7 3 2 1 1 2 0 0 .429
(二) バエス 9 2 0 0 0 2 0 0 .222
(捕) コントレラス 5 1 0 0 2 0 0 0 .200
(右) ソレア 2 0 0 0 1 0 0 0 .000
走右 ヘイワード 2 0 0 0 0 1 0 0 .000
(遊) ラッセル 8 1 1 0 1 0 0 0 .125
合計 71 16 5 5 10 23 0 0 .225

 まとめ

日本シリーズは大詰めですが、メジャーリーグのワールドシリーズは、今から3、4,5戦ぐらいが見頃になります。テレビ中継もありますので、このデータを見ながら楽しんでください。テレビ観戦前には、アメリカのスポーツニュースをインターネットで見ない方が楽しめます。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加